BLOG

金属加工とは

2020/12/01
金属を加工することによって機能を持たせる部品へと生み出す金属加工。
「一体どんなものなの?」と思う方もいますよね。
金属加工とは一体どのようなものなのか、金属加工の種類とメリット・デメリットを解説します。

▼金属加工とは
金属加工とは、金属を材料に叩いたり伸ばしたり研磨する技術のことを言います。
金属の種類よって使用用途や加工方法にも違いがあり、ミリ単位で精度が変わるため職人の技術力や業者選びは重要です。

▼金属加工の種類
金属加工の加工方法は「機械加工」「熱処理加工」「表面処理」の3種類に分けられます。
■機械加工
機械加工とは、機械や工具を用いて製作図面通りの形状に金属を加工することを言います。
金属の形状によって以下の4種類の加工方法に分けられます。
・成型
・除去加工
・不可加工
・結合
■熱処理加工
部品に熱処理や冷却処理を施すことによって、金属の性質を変質させる加工を熱処理加工と言います。
熱処理加工を加えることで、硬度を増したり耐性を持たせることができます。
以下の2種類の加工方法に分けられます。
・熱処理
・特殊熱処理
■表面処理
表面処理とは、部品や金属の表面に処理を施すことによって金属の性質を変質させ、耐性や潤滑性を持たせる加工方法を言います。
以下の2種類に分けられます。
・表面焼き入れ
・熱拡散処理
▼金属加工のメリットとデメリット
■メリット
・金属の性質があがる(耐摩耗性、耐熱性、靭性…)
・高い硬度が得られる
・装飾ができる
■デメリット
・表面処理をしないと錆びる
▼まとめ
金属加工とは、私たちの生活に必要不可欠な技術です。
業者やメーカーによって得意分野や扱える金属加工の種類が異なるので、金属加工を依頼する際は一度相談するのがおすすめです。