BLOG

金属加工機械の種類について

2020/12/17
金属加工を依頼する際に専門用語で書かれていると、金属加工を初めて利用する人や
業界に携わっていない知識のない人からすればよく分からないですよね。
どのような金属加工ができるのか機械の種類についてご紹介します。

▼金属加工とは
金属の材料に加工をする技術のことです。
金属は固いというイメージですが、加工するにあたって溶かすこともでき、切ったりくっつけたり削ったりすることができるので加工しやすい材料なのです。

▼金属加工の機械の種類
金属加工の種類はいくつかありますがNC旋盤加工と自動機切削加工についてご紹介します。
■NC旋盤加工
NC旋盤は、端面を削る加工、内径を削る加工、外径を削る加工、テーパー加工、穴開け加工、ねじ切り加工、面取り加工、などができます。
二軸を同時に動かしながら切削できるため、X軸とY軸を変化させてテーパー加工をする事ができるので、重宝される理由の一つです。
特殊な形状の場合でも、高精度で高品質な加工が可能となります。
■自動機切削加工
切削加工は、さまざまな分野で利用されている加工方法です。
切る削るという動作で金属や木材、プラスチック、セラミック、などさまざまな材料に加工することができます。
複雑な形状を加工できます。
旋削加工、フライス削り、穴あけができ、加工される材料が回転して棒状工具を材料に押し当てて切屑をだす加工法です。

▼まとめ
用途によって使う機械の種類や加工法も異なります。
金属加工をお考えの方はまずはプロに相談してみることをおすすめします。

有限会社東北加工所では、お客様のニーズに対して柔軟な対応ができるよう、機械加工や自動機切削加工といった
特殊かつ高い技術を必要とするノウハウが豊富です。
金属加工に関する優れた技術を持っている専門会社をお探しの方は気軽にお問い合わせください。