BLOG

精度の高い金属加工を行うには?

2021/02/01

金属加工によって工業製品を作る際は、量産する部品全てが全く同じ形でなければ意味がありませんよね。
その際に重要なのが「精度」です。

今回は、精度の高い金属加工を行うための秘訣をご紹介します。

▼高精度の金属加工に隠された技術

私たちが何気なく使っている工業製品は、例えばネジであれば100個、1000個、一万個、すべてが全く同じ形をしていますよね。
そんなことは当然だと思うかもしれません。

しかし、実は優れた部品を大量に生み出すためには非常に高い技術を要します。
機械を導入して金属加工を行ったとしても、機械の揺れなどによって微妙に違う形の部品ができてしまうこともあります。

それを補うのに役立つのが、職人が持つ技術です。

■金属加工職人の技術とは

金属加工を行うためには機械の存在が必要不可欠ですが、それを扱うのはもちろん人間です。

金属加工職人は機械の性質を見極めながら、精度の高い金属加工を行うための試行錯誤を日々重ねています。
例えば、機械の振れ幅をおさえるための「振れ止め台」を作成して機械に設置すると、それまでよりも精度の高い金属加工を行うことができます。

機械そのものの設定も精密に調節しながら、さらには職人自身の手によって、より精度の高い完成品に仕上げていくのです。

■どのような仕事ができるかは工場によって違う

金属加工の精度を保つには、機械だけでなく職人の技術が必要です。
そのため、どのような職人を抱えているかによって行うことができる金属加工の内容も異なります。

▼まとめ

複雑な加工を確実・丁寧に行ってきた実績を持つ企業なら、精度の高い金属加工技術を豊富に持っています。
金属加工の依頼の際は、ぜひ経験豊富な工場を選んでくださいね。