BLOG

切削加工で大量生産はできるの?

2021/02/22

「切削加工」は金属製品の生産において大変重要な工程ですが、職人の技術を要する難しい作業だとも言われます。
切削加工を用いた部品の大量生産は、果たして可能なのでしょうか?

▼切削加工による大量生産の方法

結論から言って、切削加工による部品の大量生産は可能です。

切削加工には職人の技術も必要ですが、基本的には機械を使って作業を行います。
金属加工機械のプログラミングをしっかり行えば、機械で可能な工程の部分は短時間で大量に仕上げることができます。

■大量生産に向かない場合もある

部品の形質によっては、機械の切削加工だけでは正確な形を作ることができない場合もあります。
機械はどのようなものでも作り出せると考える方も多いのですが、複雑な形であればあるほど機械にできる領域は少なくなります。
高品質な製品を仕上げるためには、最後は人の目と手で感触を確かめながら作業をしていくしかありません。

職人による作業が多く必要な場合は、大量生産には向かないでしょう。

■プレス加工による大量生産も可能

どうしても切削加工が難しい場合は、プレス加工による大量生産を選択するのも手です。
プレス加工は切削加工のように切りくずを出さずに成型が可能なので、よりコストをおさえた生産を行うことができます。

もちろん、成果物の形状によってはプレス加工にも限界がありますので、この場合はさらに他の選択肢を模索することになります。

▼まとめ

どのような加工方法を行う場合でも、経験値が高い加工所に依頼すれば、多種多様な選択肢から最も適した加工手段の提案を受けることができます。
大量生産の方法も必ず見つかりますよ。

ぜひ信頼できる加工所と、二人三脚で製品の製造を行ってください。