BLOG

青銅が使われているものは?

2021/04/15

青銅は、あらゆるシーンで用いられている金属です。
では、具体的にどんなものに使用されているのでしょうか?
ここでは、青銅が使われているものについて解説します。

▼青銅の特徴
青銅の特徴としては、主に熱が伝わりやすく電気を通しやすいという特徴があります。
金属自体が熱や電気を伝えやす素材となりますが、銅は金属の中でもさらに優れた熱伝導性と導電性があるのが特徴です。
また、銅には殺菌作用があります。
実際に、科学的な実証実験によって数種類の細菌に対して効果があることが判明しています。
他にも、見た目がきれいに仕上げやすいという特徴もあります。

▼主に使用されてるもの
青銅が主に使用されているものとしては、十円硬貨が有名です。
十円硬貨は、銅95%、すず1-2%、亜鉛4-3%の青銅製となっています。
添加しているすずが少ないために、純銅に近い赤銅色となっているのが特徴です。
摩擦にも強く、また殺菌作用もあるので誰でも安心して利用できるために用いられています。
他にも、ブロンズ像も有名な存在です。
古くから、偉人などを像にして称える文化がありますが、いつまでも美しい状態を維持しやすい青銅が広く用いられていました。
他にも、青銅としては看板やドアノブなどにも用いられています。
ドアノブについては、十円硬貨と同じく誰もが触る可能性があることから、殺菌効果を期待して用いられるのです。

▼まとめ
青銅は、その特徴を活かして様々なものに用いられています。
しっかり特徴を掴んで、上手に活用したいものです。