BLOG

真鍮の指輪の手入れの仕方について

2021/08/01

この記事では、真鍮の指輪の手入れの仕方についての情報をお伝えしていきます。
真鍮を使ったアクセサリーは、時が経つほどにアンティークのような風合いになるのが魅力の1つとなっています。
しかし、指輪の場合はなるべく輝きを保ちたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
真鍮の指輪の手入れの仕方を紹介していきます。

▼真鍮の指輪の手入れとは

真鍮の指輪の手入れの仕方としては、研磨剤を使ってクロスなどで磨き上げるのがおすすめです。
市販されている研磨剤もあるので、それらを使ってみるもの良いでしょう。
定期的に行うことで、それほど手間もかかりません。
少し磨けば、本来の金色の輝きを取り戻すことでしょう。

▼錆びてしまった場合の対処法とは

長い期間使っていなかった真鍮の指輪などは、錆びてしまっている場合も多いです。
真鍮は銅を使った金属なので、緑青が発生していまい、見た目が悪くなってしまいます。
もし、錆びがひどい場合には、お酢を用意して浸け置きしておきましょう。
その後、しっかりと水洗いをして研磨剤を使って磨き上げれば、ある程度の輝きを取り戻すことが可能です。

▼まとめ

真鍮の指輪は日頃の手入れをしっかりと行っていれば、半永久的にその輝きを保つことが可能です。
毎日つける前後に、少しだけ磨くだけでも変わってきます。
金色に輝く指輪をつけるのとそうではないのとでは、気持ち的にも大きな違いが生じます。
是非、こまめな手入れをしていきましょう。