BLOG

nc旋盤の構造について

2021/09/01

この記事では、nc旋盤の構造についての情報をお伝えしていきます。
金属などの加工に使われる機械ですが、なかなかどういったものなのか分からない人も多いかと思います。
今回はnc旋盤の構造について紹介していきます。

▼nc旋盤とは

旋盤とは、回転している材料に刃物を当てて加工していく機械になります。
主に金属の加工で使われています。
この旋盤に「nc」を取り付けた機械がnc旋盤となります。
「nc」とは、「Numerical Control」の略で、コンピューターを使った数値制御のことを指します。
コンピューターで細かい数値を設定することで、より精密で細かい加工をすることが可能となっています。

▼nc旋盤の構造とは

nc旋盤の構造は、大きく分けて主軸台、心押台、刃物台、油圧ユニット、モータなどに分かれています。
機械の外側には、コンピューター制御するための操作盤が付いています。
主軸台は、加工するものを固定して回転させます。
刃物台は、加工するための刃物が取り付けられ、回転する加工物に刃物を当てて加工していきます。
心押台は加工物を安定させて、精度を高める役割があります。
そして、それらの動きを管理するのが操作盤になります。

▼まとめ

nc旋盤はより繊細で精密な加工には欠かせないものとなってきています。
人の手ではできない加工であってもnc旋盤を使うことで可能になります。
今現在でも改良が重ねられて、より高度な機械が開発されています。