BLOG

付加加工のような機械加工の技術にはどのような種類がある?

2021/11/01

金属を加工する機械加工には複数の種類がある事をご存知でしょうか。

溶接のような付加加工をご存知の方もいらっしゃるでしょうが、その他にも機械加工には種類があります。

今回は、付加加工のような機械加工の技術についてお伝えします。

▼付加加工とは

付加加工とは、文字通り材料同士を溶接などで加工する際に、他の材料を付加する事で加工する加工技術の事です。

分かりやすいように溶接で説明すると、メリットとしてはコストが低く時間も短時間で済む事です。

デメリットとしては、溶接した部分がもろくなる可能性がある事です。

以上の事から、付加加工が適する場合もあればそうじゃない場合もあるので、適宜加工方法を選ばなければなりません。

▼付加加工以外の機械加工の技術の種類

■塑性加工

大量に製品を作る場合は、塑性加工がいいかもしれません。

プレス加工をイメージしてもらうとわかりやすいですが、金型を作って同じ形の物を作る事が出来ます。

材料を無駄なく使えるというメリットがあります。

■切削加工

切削加工は、金属を削って整える方法です。

旋盤をイメージしていただけるとわかりやすいです。

汎用性が高いので、試作品を作りたい時などに向いています。

▼まとめ

機械加工には複数の種類があるので、付加加工で加工出来ない製品は他の技術を駆使して制作しましょう。

有限会社東北加工所では、金属加工に精通したスタッフが責任を持ってお客様が望んだ通りの金属加工をを行います。

ご依頼を検討されている場合は、お気軽にご連絡下さい。